一日一回更新出来たらいいね。


by bz_mi-mo

穏和な兄二人を持つ三男という配置は僕自身とてもお気に入り。

僕に女兄弟がいたら、「お前マジキモいから。」って言われること間違いなし。そんなここ最近の僕の生活。

というよりも、「もし自分に女兄弟がいたら」とか仮定しちゃうあたりで、もうすでに色々終わっている。

さて

社会人でもフリーターでも大学生でもないのに一円も家にお金を入れることなくご飯と住居スペースを提供していただいている生活が続くわけですが

そんな私にも、唯一家族の役にたてる時がやってきました。

まぁ、ただの年賀状のデザイン作るだけなんだけどさ。

でも画像探したりフォントの変更したり言葉考えたりで結構大変だったりする。

労働量で考えれば、おそらく大学生のレポートの5分の1くらいかな。5倍じゃないよ。

で、その過程で、デザインの参考にさせてもらおうと僕が今までにいただいた年賀状を見ていた。

どうやら小学生の頃からハガキホルダーにストックしていたみたい。200~300枚くらいあった。ありがたや。

でも、こんなあってもたしかハガキシート2回くらいしか当たらなかったよなーとか考えながらパラ見してたら

・・・

こ、この感覚・・・シャアか?

いや、これは、自分の黒歴史に直面したときの感覚ッッ・・・

年賀状一つ一つのちょっとしたメッセージから、その頃の自分の黒歴史が呼び起こされるという不思議な現象が。(ぜひお試しあれ)

僕の場合、破壊力抜群だったのは、異性からの年賀状全般。さらに言えば、元彼女からの年賀状。

これはもう、色々な記憶が呼び起こされてあまりに恥ずかしくなって見ることすら出来ませんでした。

そんな風に勝手に一人でもだえていました。

あの頃の私は考えられないほどバカでした。いろんな人にごめんなさい。

・・・

あぁサンタさんサンタさん

どうか来年は

僕に大学の学生証をください。

以上
[PR]
by bz_mi-mo | 2009-12-23 23:45 | 日常