一日一回更新出来たらいいね。


by bz_mi-mo

舐めるな危険

今日は、昨日着たドラゴンボールの胴着を着ながら外を走ってみた。

この胴衣、軽いッ!

俺の体、重いッ!

プラスマイナスゼロとはこの事か、と思いました。

さて

昨日、バイトのパートさんと話しているとき、勉強の話になった。

僕は、勉強していますと言いながら全然やってない情けない浪人生を演じているわけですが

パートさんの娘さんが小学校6年生で、中学受験をするそうだ。つまり受験生。

そこでパートさん曰く、その娘の問題をやってみたが、非常に難しくてわからないというのだ。

問題の難易度がわからないだけにあまりいいリアクションを取れずにいたら、

わざわざ問題を持ってきてくれる始末。なんと親切な。

45分で解く試験問題であった。

内容をパラ見してみると、まぁもちろん大学受験の模試やらセンター試験やらよりは量が少ない。

中学受験とはいえ、小学生の問題だもんね。

僕が小学校6年生のころは、三桁×三桁の掛け算のドリルを誰が一番早く解けるかとかやってたような記憶がある。僕は常に上位にランクインしていた。過去自慢乙。

まぁそれで、パートさんに「解説添えて、2日以内で解いてきてね!」とか言われて途方にくれながらも、暇だったのでその問題を解いてみた。

小学生の問題か。まぁ明るいうちにささっとやってうわたれるものの続きでもやるか・・・

・・・

・・・

あれ?

いつの間にかもう

夜なんですけどー^^

解説とは名ばかりの汚い字で埋め尽くされただけのレポート用紙。

そして、問3の(2)の問題の解説の部分に、僕の本音を書き綴った。



「すいません。わかりません」



僕に家庭教師のバイトなんかは務まらないのだろうなぁと思いました。(いろんな意味で)
[PR]
by bz_mi-mo | 2009-07-17 23:13 | 日常